女の人

化粧水を探しているならコレがオススメ|ビタミンC誘導体の効果

肌のトラブルを回避する

肌ケア用品

刺激の少ない化粧品を

敏感肌の方は化粧品に含まれる微量の成分で、かぶれや炎症を起こすことがあります。落としにくいメイクをしていると、それだけトラブルになる可能性も高くなります。特に下地は刺激の少ない製品を選ぶように注意しなければなりません。下地なしで使えるミネラルファンデーションや、下地代わりに使える美容液などの製品もあります。ファンデーションは油分の少ないものを使うのがポイントです。無添加の化粧品を選ぶことも大切です。天然素材だから絶対にトラブルを起こさないとは言い切れませんが、敏感肌に余計な刺激を与えることは避けられます。ただし無添加だけを基準にするのではなく、必要な成分が十分に含まれているかを確かめてください。

保湿とUVカット

敏感肌の方は細胞間脂質の減少により、肌のバリア機能が衰えていると考えられます。バリア機能を回復させるには、まず肌の保湿が重要です。保湿成分の定番としては、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などが挙げられます。これらが配合されたクリームや化粧水は、肌の潤いを保ち美肌効果も期待できるため人気があります。またUVカットも大切なポイントです。敏感肌は紫外線を浴びると炎症を起こしやすく、そのせいでバリア機能がさらに低下してしまう恐れがあります。ただしUVカット性能の高い化粧品は、肌への刺激が強い場合もあるので注意が必要です。いきなり顔に塗るのではなく、目立たない場所でパッチテストを行なえば安全に利用できます。